全購入者対象!マヴィ特製カレンダーをプレゼント!


ボジョレーヌーヴォー2017予約


新商品 - イタリアワイン


金賞受賞ワイン&高評価ワイン特集


冬のギフト ワイン 特集 2017 - 2018 〜 お歳暮 キャンペーン 〜


2018年 干支ワイン「 戌 (いぬ) 」数量限定 新発売



価格別・タイプ別ワイン検索

味わい
産地
品種
サイズ
生産者
価格
ワード
※商品名・商品番号・合う料理など
在庫
在庫ありのみ検索

検索条件をクリア

13000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団

商品カテゴリ一覧 > 生産者訪問ツアーレポート > イタリア・フランスツアー5日目

旅するようにワインを選ぶ 生産者訪問ツアーレポート

イタリア・フランス4-5日目

美食の都リヨンのブションで楽しむ郷土料理/ボジョレーのシュブラン家へ

2017年6月14日 美食の都リヨンのブションで楽しむ郷土料理

前日のレポートはこちら

アシャール家を出発したときに降っていた大雨は、リヨンに着くころにはすっかり止んでいました。ローヌ川とソーヌ川の2つの川が流れるリヨンは、かつて絹織物や金融で栄えたフランス第二の都市で、バスから見える景色も先ほどまでいたディののどかな風景から一変。なんだか中世から現代にタイムスリップして戻ってきたような気分です。

 

リヨンは美食の都とも呼ばれ、街にはブションと呼ばれる郷土料理を提供するビストロが並んでいます。
夕飯はグループに分かれてブションに繰り出しました!

リヨンの伝統的な家庭料理のクネル(魚のすり身)や、リヨン風サラダ。

 

ホテルまでの帰り道、夜景が素敵〜。

2017年6月15日 リヨンの中央市場

翌朝は、ホテルから徒歩圏内にあるリヨン中央市場へ向かうことに。

 

朝早い時間だったのでお客さんはまばらでしたが、チーズやお肉、お菓子などの専門店が広い室内にたくさんあり、見て回るだけでわくわくします。

この真っ赤なものは、リヨン名物のプラリネ ルージュを使ったタルトです。プラリネルージュは、赤く色づけしたお砂糖でアーモンドをコーティングした郷土菓子で、タルトの他にも砕いたプラリネルージュを生地に混ぜ込んだブリオッシュやメレンゲなど様々なバリエーションがあります。

  

果物の砂糖漬け。定番のオレンジ以外にもキウイやスターフルーツ、とうがらしの砂糖漬けもありました。とうがらしの砂糖漬けはフォアグラやチーズに乗せるのがおすすめだとか。

飲食店も朝から開いているところが多く、シャンパーニュや、牡蠣と白ワインを楽しむメンバーも。朝からこのなみなみ注がれた白ワインを飲んでいたのは私じゃなくてマヴィスタッフMです(申告)

ボジョレーのシュブラン家へ

リヨンを出発していよいよボジョレーのシュブラン家へ向かいます。シュブランさんは2014年からマヴィの仲間入りをして、毎年美味しいボジョレーヌーヴォーを届けてくださっています。

丘一面のぶどう畑の真ん中に建つ家の前でシュブランさんたちが迎えてくれました。
ボジョレーヌーヴォーの解禁に合わせて来日したこともあるシュブランさんは、今回の訪問もとても楽しみにしていたとのこと。

シュブラン家は家族経営の小さな農場で、細長いボジョレー地区の中でも南西の端にあります。
中央山脈を臨むシュブランさんのぶどう畑は花崗岩質で、畑の上にも中にもミネラルを含んだ岩がごろごろと存在しています。

 

ぶどうはこの岩の間に根を張り、岩からミネラルを吸収します。

シュブラン家は5世代前から続くぶどう農家ですが、オーガニックに転換したのは今のご主人のフランソワさんの代からです。

シュブランさんは初めに減農薬を25年ほど実施していましたが、減農薬ではなかなか土の状態が良くならず続けるのは難しいと感じていたそう。そのときに出会ったのが、南仏でビオディナミ農法をしているという友人のワインでした。

友人のワインはシュブランさんの目指す「テロワール(=土地の味わい)」がしっかり反映されていて、感激したシュブランさんはさっそく自身もビオディナミ農法でのぶどう作りを始めました。
ビオディナミを始めてから、シュブランさんのワインにも、花崗岩質の畑の特長でもある酸とミネラルがワインの味わいの中にはっきりと表れてきたと感じたそうです。

シュブランさんが心がけているのは、工業的なワインではなく工芸的なワイン。
自然への敬意と、土地の味わいを持つ理想的なワインへの妥協のなさが、シュブランさんのワイン造りにはしっかりと生かされているのです。

 

2017年は気温が高く、成長が早いそう。私たちが訪問する15日前には花が咲き、あっという間に実になっていました。
4月の終わりに霜の被害があったので、ぶどうの付きがあまりよくない木もあり、収穫量は例年の5割程度かもしれないとのこと。

シュブランさんはたくさん光合成をさせてたいので、葉はあまり切りません。今よりももっと伸びて高さが2メートル弱くらいになったら先を少しだけ切る予定ですが、もっと乾燥した年だとそもそも切らないこともあるんだとか。
伸びた茎はワイヤーの間に挟んでいきます。

シュブランさんの畑は、今まで見てきた生産者さんの中では生えている雑草が少なめに感じました。
実はこれにも理由があって、シュブランさんによると7月末頃まではぶどうが成長のために水分をたくさん必要とするので、雑草との競争を少し休ませるためにあえて今の時期は雑草を抜いて耕しているのです。暑くなる8月頃になると水分はそれほど重要ではなくなるので、また雑草を生やしたままにします。
元農業学校教授だというシュブランさんの説明はいつもとても丁寧でわかりやすいです。

シュブランさんが次に案内してくれたのはぶどう畑から見えたこちらの建物。

なんと建設中の新しいカーヴです!

 

今までは友人の醸造所を借りていたのですが、お嬢さんがシュブランさんの後を継ぐことが決まったのでいよいよ自分たちのカーヴを持つことにしたのだそうです。
シュブランさん〜!おめでとうございます!

中にも入らせていただきました。といっても造りかけなのでほぼオープンエア。

建設もエコを心がけていて、中の断熱材はファイバーではなく木を使っています。

 

まだまだ建設途中で中には何もないのですが、シュブランさんの頭の中にはもう素敵なカーヴが出来上がっているようです。
歩きながら「ここに醸造の機械を置いて、こっちに大樽、あっちに小樽を置くんだよ。タンクの温度管理はヒートポンプで、ワインの貯蔵庫はエアコンで温度管理をするんだ」と嬉しそうに説明してくれました。なんだかこちらまで嬉しくなってしまいます。

カーヴは8月完成予定……ということは、そう!今年のボジョレーヌーヴォーはこの新しいカーヴで造ったものが届くのです!

あっ、シュブランさんのボジョレーヌーヴォー2017はただいまご予約受付中ですよ〜!(と、ここぞとばかりに宣伝。笑)

シュブランさんは2015年、2016年とSO2(二酸化硫黄)無添加でボジョレーヌーヴォーを仕上げてくれました。
そして「今年も、ぶどうの出来次第だけどSO2無添加で挑戦したい」とおっしゃっていました。(続報→今年もS02無添加に挑戦するそうです!)

家の前に戻ってぶどう畑を眺めながら菩提樹の木陰で贅沢な試飲タイムです。

シュブランさんご夫妻と、後を継ぐお嬢さん。

シュブランさんはボジョレーヌーヴォーのほかに熟成タイプのボジョレーワインも造っていて、この日は熟成タイプの2015年と2016年を出してくれました。

軽やかなボジョレーのワインは飲む前に冷蔵庫などで軽く冷やしてから飲んでいただくのがおすすめです。
赤ワインは冷やし過ぎるとタンニンの苦みが出てしまうので通常は常温(16〜18℃)で飲むイメージがありますが、ボジョレーのようにタンニンが少ない赤ワインはぜひ一度10〜12℃くらいの低めの温度で召し上がってみてください。
舌にひんやりとワインのうまみが広がり、いつまでも心地よく飲めますよ!

 

ワインのお共に用意してくださったのはシェーブルチーズに、ビーツのチップス。

そして地元のものだというサラミも。ぶどう畑を眺めながら幸せなピクニック気分を味わっています。

次にシュブランさんが持ってきたのは何やら見慣れないボトル……。なんとガメイを使ったロゼ・スパークリングでした。
「今年から試しに造ってみたんだよ〜」なんておっしゃってますが、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵をする伝統製法で造られており、とても「お試し」とは思えないおいしさ!
さすが几帳面で研究熱心、しっかり者のシュブランさんの作品といったところでしょうか。

 

こちらのロゼは今はマヴィでは取り扱っていませんが、なんとその場で田村が発注を決定してしまいました!
入荷次第またお知らせさせていただきますのでどうぞお楽しみに!

この日は昼から同じボジョレーの生産者であるランポン家も訪問する予定になっているので、名残惜しくもそろそろ出発の時間です。
シュブランさん、ありがとうございました!新しいカーヴで造られたワインの到着が楽しみです。

ボジョレーヌーヴォーご予約受付中(10/31まで早割価格)

↑このページの上部へ←特集へマヴィTOPへ


シュブラン家のワイン一覧

3 件中 1-3 件表示 

ボジョレー ペティアン ロゼ 発泡

ボジョレー ペティアン ロゼ 発泡

3,630円(消費税込:3,920円)

 シュブラン家
ガメイをシャンパーニュと同じ伝統製法の瓶内発酵にて仕上げた優しいスパークリングワイン。いちごのようなかわいらしい果実味が楽しめます。

数量
詳しく見る

ボジョレー 2016 赤 (熟成タイプ)

ボジョレー 2016 赤 (熟成タイプ)

2,760円(消費税込:2,980円)

 シュブラン家
2016年のぶどうで造った熟成タイプのボジョレーワイン。カシスや木苺に様々なスパイスの香り。口当たりはしなやかで、軽やかに広がる果実味と酸味、繊細な渋みがバランスの良い1本です。

数量
詳しく見る

【予約商品11/16以降お届け】 ボジョレーヌーヴォー2016 赤

ボジョレーヌーヴォー2017 赤

3,500円(消費税込:3,780円)

 シュブラン家
ビオディナミ農法を実践するシュブランさんのボジョレーヌーヴォー。

数量
詳しく見る


3 件中 1-3 件表示